ノウハウ / コラム

生徒の現状維持バイアスを外して大きく成長させる3つの方法

 
こんにちは。

学習塾専門教務コンサルタント・諏訪孝明です。

本日は、「『現状維持バイアス』とその外し方」について書きます。

 

現状維持バイアスとは

現状維持バイアスとは、「変化を恐れる気持ち」のことです。

人は、

・「変わりたい」
・「成長したい」

と意識していても、無意識・潜在意識のなかでは「現状を変えたくない」と思ってしまっていることがあります。

これが、現状維持バイアスです。

人間がまだ野生の生き物だった頃に獲得した「本能」です。

野生の生き物は、外敵から身を守って生き残るために「いつもと同じ」行動を繰り返す必要があります。

・「いつもと違う水飲み場にいってライオンに出会ってしまったら?」
・「いつもと違う場所に出かけて、食糧を見つけることができなかったら?」

という恐れがあるので、「現状維持バイアス」が設定されたんですね。

本能ですので、気合や根性で消し去ることができるものではないと考えられます。
 

現状維持バイアスの問題点

何かに挑戦することに対して抵抗を感じてしまいます。

「今までは家では勉強していなかったけど、明日から塾で毎日3時間勉強しよう!」

というチャレンジに対し、

・「やりたい」
・「やらなきゃ」

という意識はあるものの、つい(=無意識のうちに)サボってしまう、ということがおきてしまうわけです。

本能・無意識が起こしている行動ですので、意識の部分で変えようと思ってもなかなか難しいです。

でも、この「現状維持バイアス」を克服しないと、成長が実現できません。

 

現状維持バイアスの外し方、克服方法

というわけで、現状維持バイアスの外し方・克服方法について考えていきましょう。
 

①データをとることで現状を客観的に知る

 
例えば、1週間の時間の使い方をできるだけ具体的に記録します。

そして、面談時に先生と一緒にみて分析します。

・「こんなに無駄な時間を過ごしているんだ。」
・「少し工夫すれば、目標の勉強時間は達成できるんだ」

という気づきが「無意識」に対して変革を促して、現状維持バイアスを弱めてくれることが期待できます。

【例】

面談担当講師:
「この表をみて、どんなことに気づいたかな?」

生徒:
「私は今、こんなに無駄な時間を過ごしているんですね。」
「今までより強く、変わらなきゃいけないと思いました。」

 

②今挑戦しないと、最悪どうなり得るのかを考える

 
先ほど見た通り、現状維持バイアスは生き物としての生存のための「本能」です。

したがって、「生存」が脅かされ得るほどの「恐怖」「不安」があれば現状維持バイアスは弱くなると考えられます。

【例】

面談担当講師:
「このままの状態で大学受験を迎えたらどうなるかな?」

生徒:
「たぶんどこにも合格しないと思うので、大学生になれません。」

面談担当講師:
「そうすると、どうなるかな?」

生徒:
「親は『浪人するな』と言っています。私は一体どうなってしまうんでしょうか…」

(大きな恐怖・不安。現状維持バイアスを打ち消す力がある。よって、変われる。成長できる。)
 
 

③低い目標を設定する

 
「現状維持でない」と本能・無意識がみなすほどの変化を起こさなければ良い、という考え方です。

面談担当講師:
「英単語を覚えるペースだけど、どうしよっか?」

生徒:
「う~ん、よくわかりません。」

面談担当講師:
「今まではどうだったの?」

生徒:
「学校の単語テスト前日に100個一気に覚えてました」

面談担当講師:
「100個一気におぼえてるんだね。そのときはどんな気持ち」

生徒:
「しんどいです。」

面談担当講師:
「じゃあ、毎日いくつくらいだったらいけるかなあ?」

生徒:
「そうですね…。30個くらいじゃないでしょうか?」

面談担当講師:
「よし。じゃあ毎日30個覚えてみよう。1週間このペースでやってみて、来週、単語テストや面談の内容次第で毎日の覚える数を変えようね。」

生徒:
「はい、わかりました。頑張ります。」

 

現状維持バイアスに陥っていると思われる生徒には、これのような接し方を試みてください。

それではまた、別記事でお会いしましょう!

 
 
学習塾専門教務コンサルタント 諏訪孝明
 
 
 

メルマガ登録フォーム

 
学習塾専門教務コンサルタントの諏訪孝明が、10年かけて培った教務ノウハウをお届けするメールマガジン(無料)です。メールアドレスとニックネームのみでご登録いただけます。